予防接種【4回目】BCGと四種混合を受けてきました!

予防接種も、今回で4回目。
今回は四種混合の3回目と、BCGを接種してきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

BCGってどんな予防接種?

BCGは、結核を予防する為の予防接種です。
生後11か月(1歳未満)に1回接種するようになっている定期接種ですが、生後5ヶ月から7ヶ月の間に受けるのがお薦めなんだそう。

スタンプ形式の注射になっていて、9本の針穴×2回をしっかりと腕に押し当てられます。

予防接種の前は、いつもご機嫌な娘です。
が・・・。この数分後は、初めてのハンコ注射を押し当てられ・・・世も末かというようなギャン泣きぶりでした(^^;)

ハンコ注射

ハンコ注射の跡

今回の予防接種、4回目であるにも関わらず。
親である私は、今までの接種の中で一番ドキドキしてしまいました。

なぜなら、私の腕にはハンコ注射の痕が残っているから・・・( ̄▽ ̄;)

痕が残っていても、よーく見ると「ほんとだ、残っているね。」という程度なので、別に普段から気にしているワケではないんですがね。
だけど母親である私には痕が残っているので、娘にも残ったりしないかしら??と、ちょっと気にかけています。

先生から教えてもらったBCG接種時の注意点

接種直後に気を付けること

予防接種の後、先生からBCG接種後の注意事項について説明を受けました。
まず接種後30分程度は、注射した部分が衣類などに付かないようにすること。

予防接種の予約段階で、「BCGの注射の際は、袖をまくった状態でしばらく時間をおかなければいけないので、それに見合った服装でいらして下さい。」と聞いていたので、肌着はキャミソールタイプを着て行きました。

BCG接種直後は、液が腕についている状態なのですが、この液が乾ききるまで待たないといけないみたいです。
私が行った病院では、注射部分に何も触れないようにして30分ほど待機するように指示があり、その通りにしました。

ちなみに、お風呂は普通に入ってよいそうですが、注射した部分はこすらないように言われました。
これに関しては、今までの予防接種と同じですね。

コッホ現象について

注射をした箇所が、1~3日以内くらいに真っ赤に腫れて膿んだりしたら、接種前から結核に感染していた可能性があるそうです。
このような症状を、コッホ現象というそうです。
(通常は10日前後で針痕が赤くなるらしい。その場合は正常。)

ただし、結核に感染していない場合でも腫れるケースもある、とのこと。
結核に感染したがどうかは調べてみないと分からないので、赤く腫れ上がってしまった場合は必ず受診をするように、とのことでした。

だけど注射後に腫れたからといって、緊急を要するものでもないそうで、救急や時間外で受診する必要はないそうです。
万が一コッホ現象が出たとしても、落ち着いて行動すれば良いんだなと思いました。

BCG接種後の体調や注射跡の様子

BCGを注射した日から3日が経過しましたが、接種当日から今まで特に変化はなく。
注射直後はギャンギャン泣き叫びましたが、発熱などを含め副反応らしきものは見受けられず、ひとまずホッとしています。

BCG3日後

コッホ現象も、現状では大丈夫みたい。
だけどこれから、注射部分が赤くなったり盛り上がったりしてくるらしい(←これが正しい反応とのこと)ので、注意深く見守りたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク