離乳食の予習!初めての離乳食に必要なものを調べてみました

現在、5ヶ月目の娘。 離乳食はまだなのですが、6ヶ月に入ってからスタートしたいと考えています。

今月に入ってから、離乳食について少しずつ勉強を始めました!
私にとっては初めての子供・初めての離乳食で、右も左も分からない状態なので、勉強といってもほぼ基本的なことなんですがね(^^;)

色々調べていくうちに、必要なものや買い揃えた方がいいものが、結構たくさんあるんだなぁ~と感じたので、忘備録ついでにブログに書きとどめておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

離乳食を5~6ヶ月までに始めた方がいい理由とは?

まずは、離乳食はなぜ必要なの??という、基本的な情報から。
離乳食は、5~6ヶ月までに始めた方がいいとされていますよね。

それまでは母乳orミルクで栄養を摂っている赤ちゃんですが、生後6か月を過ぎる頃には、母乳成分のうちタンパク質・カルシウム・鉄などの成長に必要な栄養素が、大幅に減ってしまうそうです。

これから益々めざましい成長をとげていく赤ちゃんにとって、これでは栄養不足に。
このような理由から、5ヶ月から遅くとも6ヶ月中には、離乳食をスタートさせる必要があると言われています。

離乳食

この他にも、離乳食を始めるタイミングの目安として、色々な事例が挙げられています。

  • 首がしっかり据わり、お座りができるようになったら
  • よだれが増えてきたら
  • 大人の食事を欲しそうにしたら

うちの子はまだ一人でお座りできないですが、背もたれや親の手に支えらてお座りができればOKなんだそうです。

よだれに関しては、よだれかけは絶対マスト!なほど増えてきているので、問題ないかな。

大人が食事をする時も、興味津々でこちらを見ています。
”楽しく食事をしているところを見せる”ということも、離乳食前にしておいた方が良さそうですよね~。

離乳食に必要なツール(調理編)

小鍋

直径14~16㎝の、小さめの鍋があった方が便利のようです。
大きい鍋は水分の蒸発も多く、鍋にくっつく量も多いので小鍋の方がいいんだとか。

なるほど~!!
おかゆを炊いたり、食材をゆでたりするのに重宝しそうですね。

小フライパン

直径20㎝くらいの、樹脂加工のものがお薦めだそうです。
うちには樹脂加工のものは、大きいフライパンしかないので、買い足した方がいいかしら?

フッ素樹脂加工のものは、油を引かずに(もしくは少量で)調理ができるので、離乳食向きなんですね。

軽量スプーン・軽量カップ・キッチンスケール

普段大人用の料理を作る時は、大雑把な目分量で調味料などをぶち込んでいる私ですが・・・(;’∀’)
離乳食となると、やっぱりちゃんと材料をはかった方が良さそうですよね。。。

軽量スプーンは大さじ1(15ml)、小さじ1(5ml)のもが2つあった方が便利。
軽量カップは、1カップ(200ml)はかれるものを用意。

我が家にはキッチンスケールがないのですが、重さを正確にはかる為に準備しておいた方が良さそうです。

裏ごし器

離乳食をスタートさせたばかりの頃に、大活躍間違いなしのツール。
これがあるかないかで、時間短縮とストレスの軽減につながりそう!

野菜の皮や繊維も除けるそうです。
なければ万能こし器で代用もできるようですが、私は裏ごし器を使いたいので、購入しておこう~。

すり鉢・すりこぎ

これも、断然あった方が便利なツールですね。
おかゆ・いも類・野菜・豆腐・白身魚など、どんな食材でもすりつぶせます。

すりこぎは木製がスタンダードですが、最近はセラミック製もあるのですね。
木でできたものは、きちんと乾かさないとカビなどが生えそうで心配ですが、セラミック製なら食材の色や匂いが染み込みにくく、衛生面でも安心できそうだなぁ。

おろし器

おろし器は持っているのだけれど、離乳食専用にもう1点買い足そうと考えています。
繊維のあるほうれん草の裏ごしなどは、包丁でやろうと難しいそうで、おろし器を使った方が簡単なんだそう。

離乳食に必要なツール(食べさせるとき編)

スプーン

離乳食スタートの頃は、スプーンの皿が小さくて平たいタイプの方が、赤ちゃんが唇で食材を取り込みやすいそうです。
量を食べるようになってきたら、くぼみのあるデザインや、持つ部分が太めのグリップに変更していく必要があるようですね。

実は母から、ステンレス製の離乳食用スプーンをもらっているのですが、ステンレス製は汚れが落ちやすいメリットがある反面、口に当たる感覚がかたくて赤ちゃんが嫌がるケースもあるんだそう。

うちの子はどうかな。
実際スタートしてみて、様子見でいこうと思います。

もし買い足すんだったら、柔らかい素材でくわえやすく、口の中も傷つけないシリコン製を購入したいなぁと考えています。

食器

離乳食を入れる為の、ベビー用食器もマストですね。
色々あるのでどれをチョイスしようか迷いますが、電子レンジで加熱できるタイプが便利だよなぁと思っています。

リッチェルの離乳食スターターセット、これすごく大活躍してくれそうな予感。
やわらかスプーンもセットでついているし、丸ごとレンジOK、食洗器でも洗えます。

出来立てアツアツの離乳食を食器に入れても、付属のクールシート(冷蔵庫に入れておいたもの)で冷ましながら食べさせることができ、フーフーしなくていいいから衛生的!
ママ目線でよく考えてありますよね、脱帽です。

スタイ

よだれ掛け用のスタイではなく、食事用のスタイ。
これもあった方が便利そうですよね。

ポケット付きプラスチック製やビニール製のタイプは、食べこぼしをキャッチしてくれる上に、水洗いも簡単で使い勝手が良さそうです。
ビョルンのスタイ、カラーも可愛いので1つ欲しいなぁ。

ベビーチェア

実は一番の悩みどころが、このベビーチェア!
離乳食のごくごく初期の頃は、ママやパパのお膝の上でもOKかもしれませんが、ほどなくすると、一人で座ってちゃんと食べれる用の椅子が必要ですよね。

まだまだ悩み中ですが、テーブル付きのローチェアが、我が家の構図なども踏まえて考えると、一番合っているかな?
メジャーなバンボもいいけど、リッチェルの座椅子でもダイニングテーブルの椅子に設置しても使える、2wayタイプが気になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク