乾燥がひどくなって皮膚科を受診 ヒルドイドは赤ちゃんでも安心して使える?

1ヶ月ほど前から、娘のほっぺや足、腕などにカサカサができてしまって、市販のベビーワセリンなどを塗っていたんですが、あまり良くならず。。。

湿疹や炎症とまではいかないので、病院へ行くのもちょっとためらっていたのですが、思い切って、皮膚科を受診してきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんの乾燥肌は甘くみると危険!

皮膚科の先生に診てもらったら、”皮膚の乾燥”という診断でした。
先生から言われたのは、「ただの乾燥だと思わないで、その都度ちゃんと対処してね~。」ということ。

赤ちゃんは、新生児の頃は肌のうるおいがあるそうなんですが、生後2ヶ月を過ぎると皮脂量と水分量が大人の半分くらいになり、乾燥肌へ傾く傾向にあるそうです。

ただの乾燥だと思って放置しておくと、デリケートな赤ちゃんの肌は乾燥がひどくなって炎症を起こし、見た目が大変なことになるケースも少なくないんだそう。

なので、しっかり保湿を行うことが重要なんだそうです。

ヒルドイドは赤ちゃんに塗っても安全?

乾燥肌対策として、ヒルドイドをこんなに大量に処方してくれました!(笑)
いや、助かるんだけどさ、この量にちょっとビックリ(^^;)

ヒルロイド

左がヒルドイドローション、右がヒルドイドソフト軟膏です。
どちらも肌の内側で水分を保ち、肌の保湿性をあげる作用があります。

ローションはサラッとしていて、広範囲に伸ばしやすいのが特徴。
でも保湿性で言ったら、ソフト軟膏の方が保湿力がありそうな感じがします。

乾燥ていどで赤ちゃんに薬塗っても大丈夫!?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ヒルドイドは、皮膚がデリケートな赤ちゃんでも安心して使える保湿剤です。

娘は新生児の時に乳児湿疹ができたのですが、その際も処方されたのはヒルドイド軟膏で、それを塗ると湿疹が嘘みたいにキレイに治まって、安心した経験があります。

ヒルドイドの正しい使い方

1日数回塗ってOK、お風呂上りに塗るのが一番ベストだと言われました。
乳児の場合は、1回につき小さじすり切り1杯(約4~5g)の量が適量なんだそうです。

 参考  保湿剤の塗り方

顔に塗っても大丈夫なんだそうですが、目の周りやただれている箇所などには使用NG。
また、赤ちゃんが舐めて口の中に入ると、あまり良くないそうで・・・。

娘は最近、自分の手やおもちゃを舐めて口の周りがヨダレだらけになることが多いので、口の周りに塗る時は慎重になっています。
起きている時は口の周りには塗らないようにして、眠ってから塗るようにしています。

ヒルドイドと市販の保湿剤うまく使い分け

赤ちゃんの皮膚の乾燥がなかなか治らない場合は、思い切って皮膚科や小児科を受診することをお薦めします。
うちの娘も、あんなにガサガサしていた肌が、ヒルドイドを塗り始めて2~3日で改善しました。

だけど、ヒルドイドは赤ちゃんでも安心して使える・・・とは言っても、やはり病院で処方される薬であることには変わりないので、カサカサが治まったら使い続けるのは一旦ストップ。
ヒルドイドのおかげで乾燥が気にならない程度になってきたら、市販の保湿剤に切り替えるようにしています。

で、また乾燥がひどくなってきた場合にはヒルドイドにお世話になる・・・。
この繰り返しです。

女の子の赤ちゃんは、ちょっと肌がガサガサしただけでも親としては気になっちゃって、本当に大変ですよね~(´∀`;)笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク