区が主催する育児学級(離乳食の試食)に参加してきました!

少し前に、区が主催する育児学級に参加してきました。
4~6ヶ月の子をもつ親が対象で、育児学級の主な内容は『乳児の事故予防について』と、『離乳食の進め方と試食』でした。

今回の目玉は、やはり離乳食の試食です。
おかゆの柔らかさ加減など参考にしたいな~と思い、参加するのを楽しみにしていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

乳児の事故予防について

まずは、乳児の事故予防について説明がありました。
乳児を含め、小さい子供の死亡原因の中でも、不慮の事故は上位にきているんですね。

しかも事故の多くは家庭の中で起きているとのことで、本当に気を付けて生活しなければと、改めて感じました。
0歳児においては、うつぶせ寝や布団、枕、ぬいぐるみなどによる「窒息」が事故死因の第一位なんだそうです。

うつ伏せ

うちの娘も、寝る時は仰向けだったのに、朝起きてみたらうつ伏せで寝ていた・・・ということが何度かあります。
その度に、心臓が一瞬飛び出るかと思うほど、ドキッとしてしまいます。

対策としては、我が家では娘用の枕は使用していません。
うつ伏せができるようになる以前は、普通に枕も使っていたんですが、ちょっと厚みのあるものでも今は不安になってしまうので。

ぬいぐるみなども、頭の近くに置かないようにしています。
とにかく、万が一うつ伏せになった時でも、顔が埋もれてしまわないような対策をしておくことが重要だと感じています。

離乳食(前期)について

さて、次はお待ちかねの離乳食のお話!
栄養士の若いお兄さんが、分かりやすく図などを使って説明してくれました。

・・・が、この時ちょうどうちの娘がグズグズしていて、あやすのに気を取られてしまい、ちゃんと全部は聞けなかった~( ;∀;)
まぁ、それはそれでしょうながい。

記憶に残っている中で知らなかった情報を、ピックアップして記録しておきたいと思います。

最初の芋類はじゃがいもがベスト

離乳食の一番最初は、重湯→10倍粥が基本ですが、少しずつ慣れてくると5~6ヶ月のゴックン期から、芋類を与えてもOK!
離乳食で芋類といえば、サツマイモのイメージが強かったのですが、最初にあげる芋類はジャガイモがオススメなんだそうです。

理由は、サツマイモは甘いがジャガイモは甘くないから。

なるほどな~。

やはり甘いものを最初に与えてしまうと、甘くないものは食べてくれない・・・と、好き嫌いの発端にもなり兼ねないそうなので、最初は甘くないジャガイモから始めるのがベターだそうです。

最初から味付けはしない

離乳食は、最初から出汁などで味付けはしない方がいいんだそう。

例えば新しいメニュー(食材)を与えてみて、あまり食べてくれなかったり、食が進まないかな?
という時に、出汁などで味付けするとスムーズに食べてくれることも多いそうで。

味付けは、そういう機会に工夫してやるといいんだなぁと、勉強になりました。

1回食は午前中に

離乳食を始めたばかりの時は1回食ですが、時間帯は何時でもOKというワケでもなく、やはり最初は午前中の方がいいみたいです。
理由は、この先2回食、最終的には3回食となっていくので、1回食目は午前中に与えた方が、今後のリズムが取りやすいとのこと。

そして、離乳食をあげる時間は毎日バラバラにせず、なるべく同じ時間帯にあげるようにとのことでした。
午前10時がスタンダードな時間みたいなので、私もその時間でスタートしてみようかなぁと考えています。

離乳食の味見

最後に、栄養士さんが作った離乳食を味見させていただきました~!
メニューは、10倍粥・かぼちゃマッシュ・あけぼのりんご・しらす豆腐・卵と野菜のスープでした。

離乳食味見

一口食べてビックリ。
離乳食って、こんなに美味しいんだ~(゚д゚)!
ぶっちゃけ私の中で、離乳食ってドロドロしていてあまり美味しいイメージがわかなかったんですが、めちゃ美味しいではないかっ!

そして、私にもこんなに美味しく作れるのだろうか・・・と、ちょいとプレッシャー(^^;)
よし、頑張ろう。

こんなふうに美味しく作れたら、パクパク食べてくれるだろうな~。
10倍粥ってもっとサラサラな感じだと思っていたけど、トロッとした感じの中にもほんの少し柔らかい舌触りが残っていました。

離乳食をスタートしたばかりの頃は、10倍粥をすりつぶすか裏ごし器で裏ごしした方が、なお良いんだそうですね。
なるほど~、勉強になります!

参考書として購入した離乳食の本

育児学級では、離乳食に関して知らない情報を色々と聞くことができたので、参加して本当に良かったと思いました。
区からいただいた冊子にも、幾つか離乳食のレシピが載っていましたが、それではレパートリーが少なすぎるので、離乳食の本を1冊購入してみました。

離乳食本②

私のように、初めて離乳食を赤ちゃんにあげるママ・パパ向けの本です。
この本のいいところは、最初のひとさじから2歳頃の幼児食まで、進め方を1冊で網羅できる点。

離乳食本③

食材のかたさや大きさが実物大で載っていたり、1回あたりの食べる量の目安が時期別に表になっていたりと、分かりやすくてお薦めです。

簡単レシピ300品掲載、しかも食材別に掲載されているので、とにかく見やすい!
この本を片手に、離乳食作りを頑張ろうと意気込んでいます(^^)

はじめてママ&パパの離乳食 (主婦の友実用No.1シリーズ)

上田 玲子 主婦の友社 2015-01-15
売り上げランキング : 282

by ヨメレバ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク