【AIH7回目】化学流産ではなく、子宮外妊娠でした

AIH7回目は化学流産という結果になったことを、このブログに記録していましたが・・・。
実は、あの後の続きがまだありまして。

ずーっと、出血が止まらなかったんです。
しかも、妊娠検査薬もずっとクッキリ陽性のままでした。

さすがにおかしいと思い、病院で再度診察してもらうと。

化学流産ではなくて、子宮外妊娠でした。

本当に、ビックリです。。
まさか自分が子宮外妊娠を経験することになるとは、夢にも思いませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子宮外妊娠の始まりは謎の出血だった

以前のブログにも書きましたが、7回目のAIHを実施してから5日目くらいに、薄っすらピンクのオリモノが出ました。

振り返れば、これが子宮外妊娠の始まりだったのでしょう。

最初の1週間程度は、ピンクや茶色のオリモノでしたが、それから徐々に赤い出血へと変化していきました。

当時検索魔になっていた私は、もしかするともしかして!?
子宮外妊娠や胞状奇胎などの、異常妊娠の可能性があるのではないか?と、ヒヤヒヤしていました。

不正出血の原因が分からず、とっても不安だったのです。
でも、そもそも論ですが、まさかこの出血している状態で、妊娠してるのかしら??

試しに検査薬を使ってみると。
割とクッキリ浮かび上がってきた、陽性のサイン。

生理予定日くらいには、出血量もかなりひどくなっていたので、あんなに待ち望んでいた陽性ラインを、私は複雑な気持ちで眺めていました。

流産後も出血が止まらない!

その後、病院で血中hcgを測定してもらい、4週目は十分な数値が出ているとのことでしたが、5週目はhcgが伸びておらず・・・。

もちろん子宮の中の胎嚢も見えず、出血もしていることから、流産宣告を受けました。

流産はとても残念で、出血もひどく、2~3日は何もやる気が起こらない、やるせない日々を過ごしました。

それでも、塞ぎ込んでばかりもいられない。
元気を出して、また前向きに頑張ろう!と、気持ちは前を向き始めていました。

だけどそれとは反対に、私の体はなかなか元通りに戻りませんでした。
なぜなら、流産宣告受けて2週間が経過しても、まだ出血が止まらなかったからです。

しかも、コンスタンスにある程度の鮮血が、毎日のように出続けていました。
一度にたくさんの量が出ることもあり、貧血気味で体調が優れない日もありました。

それにしても、続くこの出血。
いや、さすがにおかしいでしょう?
また、頭の中はハテナだらけ。

流産後2週間なのに妊娠検査薬がプラス!?

稽留流産のオペ後などに、赤ちゃんの組織が体内に少し残ってしまって、hcgが下がらず出血も止まらない・・・という体験談などはネットでもよく目にしており、もしかして私もその類なのかな?と思いましたが、、、

今回の私のケースは、胎嚢も確認できなかった化学流産だし、流産処置を行ったワケでもありません。

だから、hcgが残っているとか、まさか。
そんなワケないよね?

半信半疑で、検査薬試してみたら・・・。

クッキリ陽性!!

本気で腰を抜かしそうなくらい、驚きました。
あんなに出血して、塊もたくさん出たのに?

まだ赤ちゃんの組織か何かが、私の中に残っているってこと?
っていうか、これは化学流産とは違うんじゃないだろうか?

とにかく普通のことではないと感じたので、病院で再度診てもらうことにしました。

子宮外妊娠との診断

病院で事情を説明し、内診と血中hcgの測定をやってもらいました。
流産宣告を受けてから、既に2週間以上が経過していましたが、血中hcgの結果は178

やはり、hcgがまだ残っていました。
それから、右卵管にあやしい痕跡が見受けられる。

ということで、ここで初めて子宮外妊娠の卵管流産という診断がつきました。

子宮外妊娠においては、卵管破裂などの怖いイメージがつきものですよね。

さいわい私の場合はhcg値が低く、早い段階で流産してしまったようで、「卵管破裂やのたうち回るほどの腹痛の可能性はないから、安心していいよ。」と先生から説明を受けました。

からだは妊娠を守ろうとしている!?

「先生、流産後2週間以上もたっているのに、hcgが残っているって普通のことじゃないんですね?」

そう私が尋ねると・・・。

「うん、普通じゃないね。今は、脳や子宮や卵巣は、まだこの妊娠を守ろうとしているんだよね。この妊娠が継続しないってわかっているのは、エコーを通して見ている私たちだけだから。」

先生の言葉に、不意に心を打たれ、涙が出そうになってしまいました。

私の体が、まだこの妊娠を守ろうとしている。
だからhcgは体に残り、出血も続いている。

私、早く前を向こうって、気持ちの上ではそれが正しいって、そう思っていたけれど。

頑張ってくれた私の体や受精卵や細胞たちに、何でもっとねぎらいの気持ちを持てなかったんだろうと、そんな申し訳ない気持ちになってしまいました。

赤ちゃんになろうとしてくれた、絨毛組織に対しても。

ごめんね、ありがとう、と。
そんな気持ちを今まで持てなくて、ごめんなさい。

私自身の体のことを。
つまり、自分で自分がねぎらうって変だし、おこがましいのは分かっています。

だけど、私は自分の手や足や体を思いのままに動かせるのに、妊娠のこととなると、自分のコントロールが効かないんです。

受精させたり、着床させたり、それが自分の意思で動かせない。

小学校の鉄棒の逆上がりみたいに、練習すればできるようになる感覚のようなものとも、ちょっと違う。

子供を授かり、無事に産まれてきてくれることって、本当に奇跡以外の何ものでもありません。

その後の経過観察

hcgがちゃんと減少していくかどうか、経過をみるために、3日おきくらいの通院が始まりました。

178 ⇒ 18.8 ⇒ 3.8

さいわいなことに、hcgは順調に下がっていき、一安心。
ただし、出血は相変わらず続いていたため、マーベロンを飲んで出血を止め、生理を起こすことになりました。

AIHの5日後から、ずーっと続いた出血。
まるまる1ヶ月以上、出血していたことになります。

マーベロンを飲み始めてしばらくしてから、出血は止まりました。
血が止まらないのは、やはり気持ちの良いものではなかったので、止まった時は嬉しかったです。

あとは、処方されているマーベロンを飲み切り、その後に無事に生理がきたら、治療も再開できます。

今回、私は子宮外妊娠の卵管流産という、珍しい体験をしました。

いずれにせよ、流産という現実は変わらず、卵管で流産したために出血も長引き、量も多かったですが、大事に至らずに良かった・・・というのが、本音です。

不妊治療をしていると、色んなことが起こりますね。
でも、娘がお姉ちゃんになれるように、へこたれずに頑張っていきたいなぁと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ぱーこ より:

    初めまして!
    私も今まさにそんな状態で、コメントさせていただきました!それに、一人目の子も同い年です!

    5週目の時に茶おりが出始め、それからは鮮血、茶おりなどの出血が2週間続いてます。病院では、卵管あたりに何か見えるけど、これが卵かはわからないそうですが、hcgは400くらいまだあります…1ヶ月以上出血は続いたと書かれていますよね…私はいつ終わるのか不安です…

    その後生理は順調にきましたか?

    • azuki より:

      ぱーこさん
      コメントありがとうございます。私の記事と同じような状況とのことで、大変でしたね・・・。
      私の場合はマーベロン(ピル)を飲んだ後、問題無く生理が来て、その後も特に生理周期が乱れることはなかったです。

      私はhcgもそこまで高くなかったし、hcgは出てはいるけれど早い段階の流産だったようで、
      「特に処置しなくても出血を止まるのを待っていれば大丈夫」とのことだったんですが。
      その当時、ちょうど年末年始だったこととに加え、年始に病院が移転する関係で、何かあった時に診てもらえない心配があったので、ピルを飲んで生理を再開させた感じです。

      出血が長引くと、気持ちも不安になりますよね。
      不安なことはその都度病院の先生に相談されて、なるべく早くお体が回復されることをお祈りしております。
      一人目のお子さんも、ウチの子と同い年とのことで、親近感です^^
      無理なさらないよう、お大事になさってくださいね。

      • ぱーこ より:

        お辛い事なのに、詳しく教えて頂きありがとうございます(^-^)
        今日検診に行った所更に下がっていて100をきっていました!
        先生はまだ出血は続くと言われましたが、とりあえず破裂する恐れはないとの事で、安心しました!
        ピルを飲まれて無事に再開されたんですね!
        私の場合はとりあえず何もせずに自然に出血が止まるのをまつみたいです!早く終わってほしいです…
        毎度毎度鮮血がでると…憂鬱ですよね…
        同じような方がいて、お話聞けて元気が出ました(*^ω^*)ありがとうございます!