会陰切開が原因でできた肉芽の切除オペ(膣ポリープ切除術)の記録

会陰切開が原因でできた、肉芽の切除オペを昨年末に行ったのですが、その時のことを当ブログにも記録しておきたいと思います。

「会陰切開したら、肉芽できちゃったんだよ~!」なんていうと、これからお産する人は会陰切開が恐怖のように思われるかもしれませんが、私のように会陰切開後に肉芽が出来る人は、結構レアケースのようです。

ちなみに、私は会陰がかなりガチガチだったので、切開しなかったら多分肛門とかまで裂けてぐちゃぐちゃに裂傷してしまっていたでしょうし、会陰切開したことに後悔はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手術前の指示

オペ前に出された指示は、次の通りです。
ちなみに当日のオペ開始時間は、14時を予定していました。

・食事は前日の21時まで。(当日は朝食抜き)

・水分摂取はオペ当日の9時まで。

・局部麻酔の予定だが、下半身麻酔に変更の可能性有り。

・手術後はしばらく安静、問題がなくても帰宅できるのは夕方の予定。

オペ当日は化粧、コンタクト、ネイルは不可。

まずは点滴

病院へ到着すると、手術室のある階へ行くよう指示を受けます。
お産の分娩室もあるフロアで、私はそこで娘を産んだので、すごく懐かしい思いに。

生まれたての赤ちゃんも何人かいて、オペ前にすごく癒されました。
しかし、それも束の間・・・。

点滴

ベットが何台か並ぶ病室へ通されて(もちろん、患者は私1人)、まずは点滴。
お産の時もそうだったけど、産婦人科でやる点滴って針が太いから超痛い!!

点滴は、合計で2本打たれました。

いざ、オペ室へ・・・

予定していた時間になり、看護師さんに付き添われてオペ室へ向かいます。
初めて手術室へ入りましたが、眩しいくらいに明るくて、医療器具がたくさん置いてあって、一気に緊張モード全開。

婦人科特有だと思うんですが、足を固定するような手術台へ上り・・・。
血圧を測るための装置を付けられ・・・。

事前に着替えていたオペ用の服をまくりあげられ、いわゆる”すっぽんぽん”の状態にされました。

いやいや、めちゃくちゃ恥ずかしい!!
前の穴も後ろの穴も、全部見えとるがなっ(涙)

で、その後に陰部が何かの器具でぐいーーーーーん!!と広げられ、私は絶叫マシーンに乗っている人と化します。

「うぎゃ~~~!痛い、痛いです。」

「大丈夫、大丈夫。」
優しい看護師さんが、手を握ってくれました。

局部麻酔と切除オペ

ほどなくして、局部麻酔をプシュプシュと陰部に打たれる感覚がありました。
「会陰切開の時と同じような感覚だなぁ~」と思っていましたが、あの時はお産した後だから恥ずかしさとか痛みも感じなかったけれど、今は普通の状態だから、またワケが違いますね。

でもすごく痛かったのは、ここまで。
ここから先は、さすがに麻酔の力で痛みは感じませんでした。

痛みはないんだけれど、何かされているような感覚はあって、でも見えないからそれも恐怖。(笑)
そして、少し熱い・・・とういか温かい感覚が。

この時、電気メスで患部を焼かれていたみたいです。

オペは無事終了!!

麻酔後は痛くもないし大丈夫だったんですが、何より意識はハッキリしているので、こんな明るいところで大股開きの自分が、すごく滑稽に思えました。

オペ中はずっと、「早く終わってくれ~」と、祈るように心の中で唱えていました。

手術は無事に終了。
時間にして、約15分ほどのスピード手術でした。

先生から切除した肉芽を見せてもらったのですが、小豆くらいの大きさでした。
念のため、病理検査に出してもらうことになりました。

術後は2時間ほど安静にして、「尿意を感じてちゃんとオシッコが出たら帰宅して良い」と指示を受けていて、無事にオシッコができたので、この日は終了。

オペ後にガーゼを膣の中に入れているので(多分止血のため)、明日はそのガーゼを抜き取ることと経過観察のために、来院するよう言われました。

オペ翌日の経過

オペ翌日、先生の指示通りにガーゼを抜き取りに病院へ。
術後は、会陰切開した時と同じくらいの痛みを覚悟していたのですが、痛みはほとんどと言っていいほど感じませんでした。

薬は抗生物質と痛み止め(ロキソニン)をもらっていたのですが、ロキソニンは飲まなくても大丈夫なくらいでした。

ガーゼを抜いて、傷口はキレイとのことで、この日の診察は終了。
次は、2週間後に来院するよう指示を受けました。

オペ翌日から出血・・・

痛みもほとんどなく、経過は順調だと思っていた矢先。
オペ翌日(ガーゼを抜いた後)から、謎の出血。

最初は少量だったので、手術後のなごりだと思っていたのですが。
1日、2日と日数を追うごとに、だんだん出血量が増えていきます。

しかも、腰も重だるいような感じだし、お腹もちょっと痛い・・・。
やばい、2週間待たずに病院行った方がいいかしら。

ん???

えっ???

(*_*)

まさか・・・これ月のものの再開?
どうやらすごいタイミングで、手術の翌日から久しぶりの生理になっちゃったみたいです。

出血は、ピッタリ1週間でおさりました。
あ~、ビックリした(*_*)

オペから2週間後の診察

術後2週間が経過して、再度診察へ。
病理検査の結果は、やはり悪いものではなく、会陰切開あとに形成された肉芽だという診断でした。

先生に診察してもらうと、傷口はキレイに粘膜が再生されており、問題なし。
「これで終了になるから、もう東京に戻っていいよ~。」と言われました。

・・・ということで、肉芽の切除オペは無事に終了!!
はるばる里帰り出産した地元の病院で、手術した甲斐があったかな。

去年の10月くらいに会陰切開あとが激痛になって以来、ずっと違和感で憂鬱だったお股事情。
無事に違和感ともおさらばできたので、本当に良かったです。

私のようなケースは非常に稀みたいなので、他に同じような人は滅多にいないかもしれませんが。。。
万が一、似たような症状の方がいらっしゃったら、下記の関連記事も参考になさって下さい。

産後5ヶ月で会陰切開痕が激痛!肉芽が原因で炎症を起こす!?
今回はちょっと、ディープな内容のお話です。 私はお産の時に会陰切開したのですが、その傷にまつわることなので、少し痛々しい表現も文中に含ま...

会陰切開が原因でできた、肉芽の切除手術をすることになりました!
クリスマス前に娘とワンコを連れて、一足早く実家に帰省してきた私ですが・・・。 実は、それには理由があります。 年末の混雑を避けるこ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク