母乳外来で白斑の相談:ケナログと葛根湯を処方してもらいました

しつこいようですが、おっぱいトラブル継続中・・・。
乳頭にできた白斑が、一向に良くなりません。

桶谷式に通い出したのに、全然良くならないってどうよ?
激痛に耐えながら授乳する日々で、近頃はもう・・・。
精神的にも肉体的にも、限界間近といった感じでした(><)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

生後4ヶ月、3時間ごとの授乳は本当に必要!?

おっぱいの白斑トラブルの他に、もう1つ大きな悩みの種が。
桶谷式で、「授乳間隔は3時間以上あけないように」との指導を受け、なるべくその通りにやってきました。

夜間授乳も、寝ている娘を無理やり起こしておっぱいタイム。
で、ここからが問題。

夜中の授乳 ⇒ 娘、覚醒!!⇒ 寝ない ⇒ 次の授乳 ⇒ 気付いたら朝

こんな構図が出来上がってしまいました。
3ヶ月の途中くらいから、夜まとまって寝るようになっていた娘。

それを無理やり起こして飲ませるようになってから、何か色々なことが狂ってしまった感じ・・・。

夜間授乳が減っていた時も、娘の体重の増え方は問題なかったし、3時間ごとの授乳は本当に必要だろうか??
そんな疑問が沸いてきました。

しかし私に白斑ができちゃったから、「授乳間隔をあけるな」という指導は、一理あるとは思っているんですけどね。
でも、それでも。

こう何週間も夜間授乳後の寝れない日々が続くと、私も夫もさすがに気力と体力の限界。
正直言って、おっぱいあげるのでさえ苦痛に感じ始めていました。

母乳外来へ

ある日のこと。
疲れ果てていた私は、娘が泣いてぐずる姿を見下ろして、「あーもううるさいなぁ!」って、思わず口に出してしまいました。

言葉を発した後、しまった~!!と思い、「なーーーんてね、嘘だよ~☆」と、娘に駆け寄って抱っこして。

もう限界、もう本当に限界!!
3時間おき授乳も、夜中に無理やり起こしての授乳も、もうやめてやる!!

そう心に誓った瞬間でした。
こうも心と体が疲れ果てちゃあ、本末転倒。育児もままなりません。

でもそうなると、もう桶谷式は行きずらいかな・・・。
近場で母乳外来を探し、ホームページを見る限り何だか良さそうな病院へ、駆け込むように予約を入れました。

助産師さんの言葉に、心救われる

予約日当日。
私が行った病院では、助産師さんが母乳相談とおっぱいマッサージをやってくれる内容でした。

「白斑ができて、おっぱいが辛いんです。」と、一気に今までの経緯を助産師さんへ説明。

白斑ができて、桶谷式へ通っていたこと。
授乳間隔は、3時間あかないように指導されたこと。
夜中無理やり起こして飲ませると、娘の目が覚めてしまい、なかなか寝てくれないこと。
そんなことの繰り返しなので、体も心も疲れ切ってしまったこと。

助産師さんはカルテのようなものに書き込みをしながら、「うん、うん。」と聞いてくれました。
聞いてくれる人がいるって、こんなに有り難いことなんだなぁと、改めて実感。

そうして、一通り説明が終わった後、私の娘のところにやってきて一言。
「こーーーんなにママに思ってもらって、幸せだねぇ(^^)」

ううっ。
泣きそう。(思い出しただけでも泣きそう。)

そして、助産師さんはこう続けました。
「この月齢になってくると、無理して起こして飲ませたり、きっちり3時間ごとに授乳しなくてもいいと思いますよ~。体重の増え方も問題ないしね。」

この言葉を聞いた時、がんじがらめに繋がれた鎖から、やっと解放された気分でした。
ありがとう、助産師さん(><)

それから白斑の様子を見てもらい、おっぱいマッサージを受けて、ひとまず薬を処方してもらうことにしました。
私の乳頭は白斑のある周辺が炎症を起こしていて、白斑が中に埋まっている?ような状態なんだそうです。

なので、まずその周辺の傷(炎症)を治しましょう、ということになり、『ケナログ』という軟膏を処方してもらうことに。
それから、ストレスや寝不足で疲れているので、滋養強壮の意味で葛根湯も処方してもらえることになりました。

ケナログ&葛根湯

授乳中にケナログを塗っても大丈夫?

ケナログは、実は口内炎のお薬なんだそうです。
ステロイド外用薬ではあるんですが、もともと口の中に塗るものなので、授乳中に塗って赤ちゃんの口に入ったとしても、問題はないんだそう。

%e3%82%b1%e3%83%8a%e3%83%ad%e3%82%b0

でも、そうは言われてもやはり「ステロイド」というキーワードがちょっと気になったので、ケナログを塗った後は洗浄綿などで拭き取ってから、おっぱいをあげるようにしています。

その後の白斑と娘の様子・・・

母乳外来へ行って相談に乗ってもらった当日から、娘は再び夜にまとまって寝てくれるようになりました。
あのグズリは幻だったのか・・・?と思うほど(^^;)

無理やり起こしておっぱい飲ませるのをやめたのも1つですが、親の精神状態が赤ちゃんにも大きな影響を与えているのではないかなぁと、強く感じました。

それから、肝心の白斑について。
ケナログを塗りだしてから、赤くただれた炎症部分が、少しずつではありますがおさまってきました。

やっぱり薬ってすごい。
痛みはもう、ほぼ皆無です。

痛みが引いたことで、気持ち的にすごくラクになったことが、私にとっては最大のプラス。

白斑が完全になくなるまでは、もう少し時間がかかりそうですが、今回お世話になった母乳外来へまたちょくちょくお世話になりつつ、もうトラブルに見舞われないように気を付けていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク