かくれんぼ遊びができるLamaze(ラマーズ)布の絵本のクチコミ

生後7、8ヶ月くらいの時に購入した、ラマーズの布の絵本
1歳を過ぎた今でも、割と毎日のように活躍してくれています。

ラマーズの布の絵本は、色々なバージョンのものが発売されていますが、娘が気に入っているのは、”うさぎとかくれんぼ”ができるタイプです。

ファイル_000

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラマーズ布の絵本の特徴

【メーカー】タカラトミー

【対象】6ヶ月から

【ページ】全8ページ

【洗濯】手洗いOK

ピンクのウサギちゃんが、目を引く可愛さ!
全体的にカラフルで、気持ちも明るくなりますよね。

ファイル_001

かくれんぼ遊びができる穴

こちらの布の絵本には、”穴”が開いています。

ページをめくるごとに、穴が開いていて、ウサギちゃんがかくれんぼできるように設定してあるんですね。

ファイル_002

ウサギちゃんの他にも、様々な動物や昆虫が登場し、お花や木なども色々描かれています。
イラストも可愛いタッチで、ほのぼのしますね~。

触るとパリパリと音が鳴るページがあり、仕掛け絵本の一面もあります。
それから、ウサギちゃんの中に鈴が入っているので、振るとイイ音が鳴ります^^

お出掛けにも便利なフック付き

フックが付いていて、ベビーカーやバッグに簡単に取り付けらるので、とっても便利だと思います。

ファイル_003

外出する時は、普通の絵本を持ち歩こうとすると、重かったりかさばったりしますが、布タイプの絵本なら、軽くてかさばらないからラクチンですね♪

お話カスタマイズ

布絵本って、最初はストーリーが文字で書いていないから、扱いにくいんじゃないかなぁと思っていました。

だけど実際に使ってみると、毎回お話カスタマイズできて楽しいかも(笑)

ファイル_000

娘の機嫌が悪くて泣いている時に、このピンクのウサギちゃんを登場させると、泣き止む確率高いです。

今では、一人でこの絵本を触って遊んでいたりもします。

紙の絵本の場合は、仕掛けがあると特に破いちゃったりすることも多いですが、布なので破れる心配もナシ!

そう考えると、コスパも非常にいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク