グーグル・アマゾン・フェイスブックの創業者も受けたモンテッソリー教育を調べてみた

子育てネタから少し脱線しますが、最近読んだ本ですごく勉強になったのが『お金2.0』という本。

近頃よく耳にする、フィンティックとか仮想通貨とか、その他もろもろ。

何か色々ついていけない感があって、「少しでもかじっておかなければ、時代に取り残されていきそう・・・」と危機感を感じ、勉強がてら熟読してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金2.0を読んで気になったモンテッソリー教育

本の詳しい感想は割愛しますが・・・ 。
(でも、ちょっとだけ言わせてもらうと、すごく良かったですよ。お薦め。)

こちらの本の中に、『モンテッソリー教育』という単語がでてきまして。
ほんのちょっと、キーワード的な感じで出てきただけだったのですが、、、

私としては、このモンテッソリー教育というものに、私大変興味を持ちました。

モンテッソリー教育の歴史

モンテッソリー教育は、マリア・モンテッソリー博士によって考案された教育法です。

彼女はイタリア・ローマの精神病院で働いていた医師であり、イタリア初の女性の医学博士号の取得者でもあります。

もともとこの教育法が誕生したのは、マリア・モンテッソリーによって知的障害児への感覚教育法として施されたことによるものでした。

彼女が編み出した教育法により、知的なハンディキャップを持った子供たちの知的水準を上げる効果が見られたことが、モンテッソリー教育の教育法を完成させるきっかけになったと言われています。

モンテッソリー教育の特徴

”子供には、自分を育てる力が備わっている”

この「自己教育力」の存在が、モンテッソリー教育の大前提になっています。

子供は皆、「自己教育力」というものを備えていますが、その力を十分発揮させるためには、整った環境やその環境に関わるための方法を知らなければなりません。

そのためモンテッソリー教育は、子供がやってみたい、触ってみたいなど思う環境を適切に用意することや、大人の価値観で一方的に教え込むのでなく、子供の興味や発達段階を正しく理解することに重きを置いているようです。

 参考  公益財団法人 日本モンテッソーリ教育綜合研究所

日本の教育では、「集団行動」が重要視される傾向にあるように感じます。

しかしモンテッソリー教育では、子供ひとりひとりが自由に自分の「work(活動)」を決め、 納得いくまで取り組むことが重要視されます。

そして、異年齢が混ざり合う「縦割りクラス」というのも特徴的です。

年下の子供は年上の子供の活動を見て学び、年上の子供は年下の子供に世話をしたり教えることによって自信をもち、思いやりの心を育て、協調性や社会性を自ら学ぶことができるようになるという・・・。

縦割りクラスは、色々な方面でその重要性がうたわれることが多いような気がしますが、このようなメリットにフォーカスすると、やはり大切な教育環境なのかも知れませんね。

日本におけるモンテッソリー教育

日本ではモンテッソリー教育って、『幼児教育』というイメージが強かったのですが、実はそれは誤りのようです。

モンテッソリー教育においては、人間が完成するのは24歳といわれていて、海外では小・中・高とモンテッソリー教育が取り入れられている学校も存在します。

また日本においては、どうやら文部科学省から許可がおりていないようで、小学校以降はモンテッソリー教育を学校教育として受けることができないようです。

日本で『モンテッソリー教育=幼児教育』というイメージが強いのは、このせいかもしれません。

 日本でモンテッソリー教育が受けられる場所

上記でも書いたように、日本では小学校以降でモンテッソリー教育を受けることは、現状できません。

ただし幼稚園や幼児教室などであれば、日本でもモンテッソリー教育を実施しているところが存在します。

 参考  全国 モンテッソーリ保育園・幼稚園一覧

モンテッソリー教育を少し調べてみて

ふとしたことから、モンテッソリー教育に興味を持ち、少し調べてみましたが・・・。

モンテッソリー教育は、かなり良さそう。
(これからの時代は、特に)

でも、日本の確立された教育機関で、モンテッソリー教育を受けるのは難しそう。

正直、今のところはこんな感想です。

しかし、モンテッソリー教育についてまだ私の知識が浅いので、これからもうちょっと調べてみたいという気持ちはあります。

これは個人的な意見ですが、モンテッソリー教育を受けると、生きていくのにとても大切だとされる、自尊感情がきちんと身に付くのではないかなぁと思いました。

自尊感情については、以前このブログで詳しく書いたので、興味があれば是非読んでみて下さい。

3歳までは特に「スキンシップ」や「共有体験」を大切にしたほうがいい!その理由とは?
先日、娘用の絵本を図書館へ借りに行った時に、雑誌コーナーでふと目にとまった『AERA with Baby』という雑誌。 パラパラとペー...

娘にしてあげたいこと

ここから先に書くことは、すごく個人的な話になるのですが・・・。

私自身は親からあまり褒められた記憶がなく、たとえばテストで80点取っても、「何で90点や100点取らないの?」と言われてしまうような環境でした。

また、「自分がどうしたいか」よりも、「人からどう見られるか」を意識するよう育てられてきたという感じがします。

そうは言っても、十分な教育も受けさせてもらったし、ご飯もちゃんと食べさせてもらったし、お弁当も毎日作ってもらいました。

だから、親にはとても感謝しています。
だけど。。。

私はもっと親から褒めてもらいたかったし、認めてもらいたかった。

今でも、そのような欲求がとても強いです。

やりたいことは、親の反対を押し切ってでもやるタイプでしたが、そんな時はいつも喧嘩や言い争いが絶えず。

30歳を過ぎた今でも、親との関係性は昔とあまり変わっていません。

だから、私は娘にたくさん「大好き」を伝えたいし、娘の人生なんだから、好きなことを見つけて好きなことをやって生きてほしい。

そういう思いがすごく大きいです。

今回モンテッソリー教育を少し調べてみて、私が娘に対してしてあげたいことに近いんじゃないかなぁと感じましたし、理論的には賛同できるところが多いと感じました。

だけど日本ではまだ、モンテッソリー教育は『特別な教育法』というイメージが先行しているような気がしますね。

モンテッソリー教育については、本もたくさん出ているようですし、もうちょっと自分なりに調べて勉強してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. にこ より:

    モンテッソーリ教育は、私もとっても興味があるんだ!
    少し家から離れるんだけど、モンテッソーリ教育が受けられるところがあったんだけど
    現実的に通うのが難しくて断念…

    • azuki より:

      モンテッソリー教育の考え方、何かいいよね。
      でも日本って、教育の在り方がとても日本的で、「個」より「集団」とか「全体」を重視する傾向にあるような気がするから・・・。
      モンテッソリー教育をバリバリ受けたとしたら、何となく「変わった人」みたいにならないのかな?と思ったり(^_^;)
      まだ深くは分からない部分も多いから、本とか買ってちょっと勉強してみようと思っているよ。