8ヵ月で初めての発熱!!小児救急でんわ相談(#8000)に相談してみた

娘、生後8ヵ月で初めて熱が出ました。
(しかも、実家から東京へ戻ろうとしていた2日前だったりする。。。)

とりあえず、飛行機はキャンセル~。
こればかりは、しょうがない。

母体からもらう免疫力が落ちてくると言われる生後半年くらいの頃から、「(発熱などは)いつかは来るぞ!」と心構えしていたつもりですが、いざそうなってみると、やはりアタフタしてしまうものですね(><)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

熱の前兆・・・顔が真っ赤

異変に気付いたのは、夜の22時頃のことでした。

普段は赤ちゃんやペットにも優しいと言われている、夢暖房のオイルヒーター を使っているのですが、その日はとても寒かったのでエアコンを付けていました。

娘の様子を見て、母と「何だかいつもより顔が赤いよね?」と話しながら。
ふと、「まさか熱があったりして!?」と不安になり、体温計ではかってみると・・・。

40.2℃!!

母と2人、びっくりしすぎて目ん玉が飛び出そうな状態に。
「嘘だぁ~(><)」と叫びながらもう1度はかったら、38.7℃

念には念をで、改めてはかりなおすと今度は38.5℃。

さっきの40℃は一体なんだったんだ??
40℃じゃなくて、本当に良かった。でも、熱があるのには変わりありません。

夜間に突然発熱・・・どうしたらよい?

夜中に子供が突然の発熱。
病院は開いていない時間帯なので、どうしようと戸惑ってしまいますよね。

しかも今回は実家へ帰省中のさなかで、かかりつけ医が近くにあるわけでもないし、一瞬どうしようかと途方に暮れてしまいました。

しかし、以前に区が開催する赤ちゃん向けセミナーか何かに参加した時、『#8000』の紹介があったことを思い出します。

この『#8000』は、小児救急でんわ相談につながる電話番号です。

#8000小児救急でんわ相談の詳細

小児救急でんわ相談は、夜間や休日の子供の急な病気にどう対処したらよいのか、病院の診察を受けた方がよいのか迷った時に、小児科医師・看護師への電話相談ができるものです。

#8000(全国同一短縮番号)をプッシュすると、所在する都道府県の相談窓口に自動転送されます。

子供の症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院などのアドバイスを、小児科医・看護師から受けることができます。

 参考  小児救急でんわ相談

#8000に実際にでんわ相談してみた

夜間・初めての発熱・普段の住まいではない帰省先
とトリプルパンチなこともあり、藁にもすがる思いで#8000に初めて問い合わせしてみました。

聞かれたこと

電話をかけてみるとすぐに繋がり、女性の方が丁寧に対応してくれました。
まず最初は、色々なことを聞かれました。

・子供の年齢

・子供の性別

・親の年代(○代)

・どのような状態か

電話をかけたすぐは、不安な気持や焦りがあるので、うまく説明できなかったらどうしよう・・・と思っていましたが。

電話口の方が、順を追って質問してくれるので、焦らなくても大丈夫。
冷静かつ丁寧に対応して下さったので、こちらも落ち着きを取り戻すことができました。

熱を下げる処置の説明

娘の場合は発熱の症状で、顔は赤く少し目がうるんでいるようには感じられるものの、ミルクや離乳食は残すこともなく食欲はあり、特にぐったりするような様子も見られませんでした。

それらのことを踏まえて、今回は『熱を下げる処置』の説明をしていただきました。

・手足が冷たいなら、まずは手足を温める。
・厚着はさせない
・保冷材を首やわきの下、太ももなどに置いて熱を冷ます。
・水分補給はしっかりと

上記の処置を行いながら、落ち着いて子供が眠るのであれば、急いで病院へ行かなくても大丈夫との説明を受けました。

熱

ただし、唇が渇いている、おしっこが6時間以上出ない、ぐずって寝ない、苦しそう、ぐったりしている・・・などの症状がみられた場合には、すぐに受診した方が良いとのことでした。

緊急時にすごく役立つ#8000

今回初めて#8000を利用してみての、率直な感想。
とっても助かりました!!

子供が夜間・休日の急な病気やケガで、どうしたらよいのか不安な時に、電話1つですぐに相談に乗ってくれて、しかも適切なアドバイスまでしてくれる・・・。

非常にありがたいサービスです。

今回アドバイスしていただいた通りに熱を下げる処置を行い、特に他のトラブルなども起こらず娘は朝まで眠ってくれました。

翌朝熱をはかったら37℃台まで下がっており、念の為その日の日中に病院を受診し、おかげさまで大事には至っていません。

#8000の情報を、頭の片隅に覚えておいて本当に良かった~。

ところで娘、病院で受診してみたら。
単なる風邪かもしれないけれど、もしかしたら突発性発疹の発熱かもしれない・・・とのことでした。(でも突発にしては、熱が低いとも言われた。)

さて、どうなるかな~(~_~;)
不安もありますが、できるだけどーーーんと構えて、しっかり見守ろうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク