歯の治療を控えているが母乳はいつまで??桶谷式母乳相談室【2回目】に行ってきた!

先日2回目の桶谷式へ。おっぱいマッサージを受けに行ってきました。

左乳頭にできている白斑、全然良くなりません!
誰かどうにかしてくれ~(><)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白斑、よくならず

っていうか、あまり普段やらないフットボール抱きで飲ませてみたら、飲ませ方が浅かったのか余計に痛みがひどくなり、居ても立っても居られない状態になったという・・・。

詳しくは、過去記事をご覧ください。
⇒(☆)

出産でも痛い、おっぱい飲ませるのでも痛い・・・。
どんだけ痛いの続くの???
気が遠くなりそうです。( ;∀;)

痛い

桶谷式母乳相談室へは、初回から10日ほど経過した頃に予約を取って行ってきました。

白斑悪化の原因は・・・?

2度目の桶谷式への訪問、先生はサクサク準備しながら問いかけてきます。

*****

先生:「その後、白斑の様子はどうですか。」

私:「良くなっていません・・・。むしろ、ちょっと悪化してしまったかも。横抱きメインだったので、フットボール抱きでも飲ませようとしてやってみたんですが、それをやったら余計痛みがひどくなりました。激痛すぎて、ヤバイです!!」

先生:「あらら~そうなの。飲ませ方が浅かったのかもしれませんね。あとでチェックしてみますね。」

*****

こんな感じで、会話しながら母乳ケアへ。
おっぱいマッサージって、温かいタオルで胸をほぐしながら施術してくれるから、普通のマッサージ受けてるみたいに気持ち良くてウトウト・・・。

後で乳頭の様子や、実際のおっぱいのくわえさせ方をチェックしてもらったら、やっぱり飲ませ方が浅かったみたいです。

歯の治療でおっぱいいつまであげようか悩んでいる

ところで現在、白斑によるおっぱいトラブルに見舞われている私ですが、兼ねてから「おっぱいいつまであげよう・・・。」ということを気にしています。

というのも、歯の治療を控えているからです。
私は妊娠中からホルモンの影響で、口の中のプラークが増えてしまって、炎症が度々起きていました。

ヒドイ時はあごのリンパが腫れるくらいの症状で、歯茎が痛いしすごい違和感。
出産したらおさまるかと思いきや、産後も1度腫れてしまい歯医者に駆け込みました。

母乳で授乳している場合は、まだホルモンが元の状態に戻っていないので、炎症もどうしても起きやすい口内環境なんですって。
ちゃんと歯磨きして気にしているんだけど、なっちゃう時はなっちゃうんですよね。

歯

で。
この炎症の原因は、ホルモンの他にもう1つ。

下の歯の列にある親知らず2つ、これが真上にはえずに、真横にはえています。
この親知らずのせいで、普通なら隙間ができないところに隙間ができていて、プラークが発生しやすくなっているんだそうです。

もうどっちみち、早めに抜いた方が良いということは、妊娠中から言われていました。
ちなみに歯医者の先生からは、「授乳が落ち着いたら抜いた方がいいよ。」って言われています。

腫れた時のことを考えると、育児するのも大変になるので早めに治療したい気持ちでいっぱい。
でもそうなると、麻酔をしたり抗生物質を飲まなきゃいけないから、おっぱい止めないといけないんだろうなぁって、そう思っていました。

桶谷式によると、おっぱいは歩行が安定するまで

そこで桶谷式の先生に、思い切って質問してみた。

「歯の治療を控えているんですけど、おっぱいいつまであげたらいいですか?」

先生、びっくりした顔をしている。
何だか私もテンパっちゃって、その後まくし立てたようにしゃべり出してしまった。

*****

私:「先生、私親知らずが変なふうにはえていて、その影響もあって炎症起こしやすくなっているんです。治療するとなったら、おっぱい止めないといけないですよね?娘には申し訳ないとは思うけど、私も治療しないままでいると辛いから、早く治療したいです。」

先生:「え・・・。っていうか、おっぱい止めなくていいんじゃない!?」

私:「・・・・・。えっ???え~???そうなんですか?」
(目からウロコ状態)

先生:「だって赤ちゃんだって、病気した時に抗生物質飲む場合もあるし。まぁ、何の薬を使うかにもよりますけど、歯医者の先生に一度確認してみたら?」

私:「そうなんですね・・・。歯医者の先生には、授乳が落ち着いたら親知らずを抜いた方がいいって言われていたんで、治療するならおっぱいやめなきゃいけないと思っていました。」

先生:「なんか、みんなそう言うんですよね。私は、薬によってはやめる必要ないと思うんだけどなぁ。母乳は、歩行が安定するまではあげた方がいいですよ。」

私:「ほ、歩行が安定するまで・・・。1歳くらいまでですか。」

よちよち歩き

先生:「1歳じゃ歩行が安定している子は、少ないですよね。1歳過ぎるくらいまでかなぁ。あなたの場合は、赤ちゃんまだ4ヶ月なんだから。ほんとにまだまだ卒乳は先の話よ。」

私:「そ・・・そうなんですね。分かりました。ありがとうございます。」

*****

おっぱいいつまで問題で揺れ動く母の気持ち

しかし、なぜだろう・・・?
私は元々、そこまで母乳にこだわっていないタイプなんです。
「ミルクならミルクでもいい!!」って、そう思っていたけど。

実際出産後になかなか母乳が出なかった時は、悔しくて情けなくて涙が出たし、おっぱいあげれなくなると思うと、想像するだけで娘に申し訳ないという気持ちでいっぱいになる。

132370

それなのに・・・だよ?
「1歳過ぎるまであげて下さい」って言われると、「えーーー?そんなに長い間あげなきゃいけない?」
って、億劫になる気持ちも正直あります。

この2つの正反対の気持ちの間で、揺れ動いています。((+_+))
こんなふうに思ってしまう私、母親失格でしょうか?

2回目の桶谷式:感想& まとめ

2回目の桶谷式母乳相談室へ行って、改めて気が付いたこと。

「私が白斑があるからどうにかして!!」という気持ち優先で、母乳ケアをお願いしに行ってたけど。
桶谷式とは、できるだけ長い間、母乳育児したい人の為に開かれたところなんだ。

白斑がマジで痛すぎて、おっぱいが辛い。
歯の治療を早くやりたい。

↑こんな感情が生まれてくる私は、「自分のことばかりね。もっと赤ちゃん優先でね。」
と言われているような気がして(実際言われてはいないが)、何とも虚しい気持ちになってしまいました。

万が一歩行が安定する前に卒乳させたいとなっても、
早めの卒乳(断乳)における母乳ケアに対しては、桶谷式は請け合ってくれないんだろうか?

そんな疑問も残りました。

キラキラ

私は私で、もう少し娘や自分の状態と向き合いながら、おっぱいを止めるベストなタイミングを見計らいたいと思います。

何が正しくて何が正しくないかは分かりませんが、もし私がおっぱい止めたとしても、娘への愛情は変わらないから。
それだけは、娘に少しでも伝わるといいなぁと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク