おっぱいトラブル発生!授乳中の白斑について

現在、完全母乳で授乳しているのですが、何だか乳首が痛い・・・。
うずく・・・。

乳首を観察してみると、白っぽいオデキのようなものができています。

はい、これ白斑です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

授乳中の白斑体験談

実は今回が2回目

実は私、白斑ができるのはこれで2回目です。
初めてできたのは、娘が2ヶ月の時。

その時はカチコチに胸が張って、夜も眠れないほどでした(*_*)
プラス乳首が激痛orz

513879

初めて白斑ができた時の私の対処法

私が住んでいる地域では、おっぱいケア訪問サービスの助成があって、1回限りですが1000円でお願いできます。
なのでその時は、すぐに電話予約して来てもらいました。

その際来てくれた助産師さんのおかげで、カチコチの胸はふっくら柔らかに。
乳首の激痛も、徐々に収まりました。

授乳の仕方についても教わることができ、知らないことも色々あったので、来てもらって本当に良かったなぁという思いでした。

適切な母乳ケアで混合⇒母乳オンリーに!

一番の収穫は、マッサージを受けて乳腺がちゃんと開通したからか、母乳オンリーで大丈夫になったんです。

ちなみに、その助産師さんにマッサージしてもらう前までは、母乳とミルクの混合でした。
ずっとこのまま、混合でいくんだと思っていました。

34c4e718b240b37f7e650db1239fedea_s

私の場合、産後すぐはなかなか母乳が出ず、周りから「母乳足りてないんじゃないの!?」のプレッシャーを受け、何度涙をながしたことか・・・。(笑)

今となってはもう笑い話ですが、当時は本当に辛かったことを覚えています。
その時のことは、また別の機会に書ければいいな。

白斑はなぜできる?原因と対処法

乳首のくわえさせ方が浅い

白斑や乳口炎ができる原因は様々ですが、一番の原因として挙げられるのが『乳首に負担が掛かり、傷付いてしまうこと』なんだそうです。

おっぱいを飲む時に、赤ちゃんの乳首のくわえ方が浅いと乳首に傷が付きやすくなりますし、特に添い乳は乳首が傷付きやすいんだそう。

授乳時は乳輪部分までしっかりくわえさせ、赤ちゃんの口がアヒル口になるように、それから赤ちゃんの口に真っすぐおっぱいが入るようにするのがポイントです。

授乳間隔が空く

今回私のおっぱいに白斑ができたのは、おそらく授乳間隔が空きすぎたことが大きな要因なんじゃないかな?と、個人的には分析しています。

3~4ヶ月くらいになると、赤ちゃんも新生児の頃よりは母乳を飲むのが上手になり、一度にたくさんの量を摂取できるようになるので、授乳間隔が空いてくる子も多くなってきます。

132370

娘の場合も、3ヶ月を過ぎた頃から徐々に1日の授乳回数が落ち着いてきて、夜中にお腹が空いて泣くことも随分減ってきました。

というか、夜日付が変わるか変わらないかの頃に授乳をすると、その後は爆睡。
朝まで一度も起きない、という日も多くなっていたんです。

授乳間隔が空いてくると、私も睡眠がたくさんとれるようになるし、気分的にもすごくラク!!
娘よ、ありがとうーーー♡ブラボー!ブラボー!って思っていました・・・。

が、おっぱいがめちゃくちゃ張る!!

授乳間隔は、空けすぎてもダメなんですね。
おっぱいトラブルの大きな原因になります。

食事内容やストレス

脂っこい食事・甘いスイーツ・乳製品など、脂肪と糖分の多い食事は
おっぱいが詰まりやすくなると言われています。

また、母乳は血液からできているので、水分量が少ないと血液がドロドロになり、おっぱいが詰まる原因になりえます。

ストレスや疲れが、おっぱいトラブルの一因になっているという説も。
和食を中心としたバランスの良い食生活と、しっかり水分補給、それから、育児の合間にうまく息抜きすることも大切なんですね。

栄養面からみると、青菜(ほうれん草、春菊、小松菜など)は、乳質を良くする効果があるようです。
ケールがたっぷり入った青汁も◎

43f7c5951b3e5ad032cbb574b0762392_s

最近は、母乳の詰まりが気になるママ向けのハーブティーなんかもリリースされています。
青菜や青汁があまり好きではない方は、こういったハーブティーを飲んでみるのも1つの手かもしれません。

162d07779e4587b979ec5d234409e75b_s

※追記※

後日、↑上記のハーブティーを試してみました。
よろしければ感想など、参考にどうぞ。

乳腺炎対策!!AMOMAミルクスルーブレンドを実際に飲んでみた口コミ
産後2ヶ月頃から、おっぱいトラブル(特に白斑)に悩み続けてきましたが・・・。 今月に入って、しつこく存在していた白斑が、ついにポロッと取...

気を付けていても白斑ができてしまったら・・・

様々な原因が挙げられる、授乳中の白斑。
授乳中のおっぱいトラブルは、本当に大変ですよね。

トラブルにならないよう、日ごろから授乳の仕方を工夫したり、食生活を意識したりする必要があります。

でも、それでも万が一白斑ができてしまったら・・・。

母乳外来や母乳ケアを行っている専門の機関で診てもらった方が、結果的には治りが早いと思います。
痛いのは辛いですから、我慢したり放置したりして悪化しないうちに、早めの受診を心掛けましょう。

私も2回目の白斑ができた時は、巷で有名な『桶谷式の母乳相談室』へ行ってきました。
この時のお話は、また次回ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク