【11ヶ月】プリスクールの説明会に行ってきました!

この前、豆腐ハンバーグを作っていて、娘の分も調味料を入れる前に取り分けておこうと思ったら。。。

取り分ける前に、思いっ切り塩コショウ振って味付けしてしまったアホなママです(+_+)
もちろん娘に与えることなく、主人と私の胃袋へ消えていきました~。

あぁ。頑張ったのに、娘のご飯のストックにはできませんでした。
毎日何かしらドジ踏みながら、それでも何とかママ業やっています。(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

働く?あずける?どうする?

さて、前置きはよしとして。(笑)
先日、初めてプリスクールの説明会へ行ってきました。

治療のこともあって、妊娠前から仕事を辞めてしまっている私。
現在は専業主婦で、どこにもお勤めしていません。

だけど、パートか在宅かで少しずつでも仕事がしたいなぁという欲望が、最近フツフツと沸いてきております(^^;)

娘を幼稚園に入れるまで、どこにもあずけずに仕事もセーブするか。
週に2、3日でも仕事をする!と決めて、託児所的なところにあずけるか。

チョコレート嚢腫のこともあるし、「子供が欲しいなら早めに」とドクターから言われています。
個人的にも、欲を言えば第2子も早めにほしい・・・。(←そうすると、おい!仕事は?となる。)

子供を授かることに関しては、治療を再開したとしても、神のみぞしる領域です。
もう、頭の中はぐちゃぐちゃです。

ポストの中に入っていたプリスクールのチラシ

そんな時に、家のポストに入っていたプリスクール説明会のチラシ。
まぁ、なんとタイムリーなんでしょう!!

友人にこさんの影響で、幼いうちからの英語教育に興味を持ち始めていた私は、「この説明会絶対行ってみたーーーい!」と心躍らせました。

んで、さっそく予約。
ちょうど主人の休みと説明会の日が重なっていたので、主人も一緒に行くことになりました^^

プリスクール説明会に行ってみた感想

実際に説明会へ参加してみて、私が感じた感想をツラツラと書きたいと思います。

説明会に参加する前までは、プリスクールって『英語で保育を行う場所』というイメージくらいしか沸かなかったのですが、『英語+α』が叶う場所なんだなぁと直感的に感じました。

実際に通っている子供たちも見ることができたのですが、2歳前の子とかも、フツーに英語の呼びかけに反応し、フツーに対応している感じ。

そして、自由度が高い!!
といっても、何でも自由にしていいよ~という感じではなく。

例えば塗り絵のヒトコマがあったとしたら、星に色を付ける時に日本の保育園や幼稚園では、『星は黄色』と教えられるので、その通りに塗る子が多いんだそうです。

だけどこちらのプリスクールでは、星が赤、オレンジ、黄色etc・・・とっても色鮮やか。
固定概念を押し付けるよりは、子供たちの感性を尊重しているように感じました。

そしてプリスクールなんだけれども、『日本の文化も大切にする』という風潮でした。
だから、ランチタイムの時でも「いただきます。」「ごちそうさま」は、ちゃんと日本語でやるんだそうです。

プリスクールは料金設定高め

説明を一通り聞いて、教室なども実際に見学させてもらって。
このプリスクールに、すごく好印象を持ちました。

ただ単に英語が身につくだけでなく、グローバルな視点や考える力を身に付けるための、そんな教育カリキュラムが色々と備わっていると感じたからです。

しかし実際に通わせようとすると、わき出てくるのがやはりお金の問題(^^;)

私が説明を聞きに行ったプリスクールでは、週5回のフルタイムの他に、週1や週2など、あずける回数を自由に決められるようになっていました。

とりあえず、週1か週2だよな・・・と思ったけど、やはり週2回あずけるにしても決して安い金額ではないです。(入学金も別途必要だし)

例えばパートに出たとしても、もし娘をプリスクールに預けるとしたら、お給料は全部そっちに持っていかれそう・・・っていうか、もしかして私のパート分のお給料では、まかなえないかも?というレベル(^^;)

プリスクールって補助金出るの?

で、思い付いたのが補助金のこと。
保育園や幼稚園は、補助金が出ますよね。

さて、プリスクールは幼稚園の枠に入るのか?
ちょっと疑問に思ったので、私なりに色々調べてみました。

結果。。。
プリスクールに通う場合、補助金を受けるのは原則的に難しいことが多いようです。

補助金を受けられるのは、学校教育法上の認可を受けた幼稚園、又は東京都知事が認定した施設、もしくは一部の認定こども園ということなので、一応何でもかんでもNGということではないみたいですが、原則ダメみたいですね。

ただし東京都の場合は、学校教育法上の認可を受けたインターナショナルスクールであれば、補助金を受けることはできるようです。

親子で参加できるクラスと、主人の見解

今回説明会に参加したプリスクールには、保護者と子供が一緒に参加できるクラスもあるんです。

お金の問題は一回取っ払って(笑)、このクラスに是非参加してみたいなぁと思ったので、予約してまた足を運ぼうと思います。

ところで、英語が全く話せず英語に興味もない(笑)主人の見解はどうなのかというと。
「アリだよね?悪くないよね?3歳まで(幼稚園に入るまで)週2くらい通わせれば?」という反応でした。

英語に全く興味がない主人でも、そんなふうに思うんだなぁと、ちょっとびっくりしました。ひとまず、親子で参加できるクラスに行ってみて、その後またどうするかちゃんと考えたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. にこ より:

    3歳までになんとか英語耳を育てたい!って思いと焦りが入り混じる日々だよ

    我が家も本当は週に1、2回でも実際に英語と触れさせてあげたいなって思っているんだけど、なかなか余裕がなくて。。。

    まだ、ほとんど何も対策は取れていないんだけど
    それでも、最近ね、APPLEが上手になったよ(笑)←自分が食べたいから覚えたようだよ

    お金があまりかからなくて周辺でいい施設がないか私も調べてみよ〜っと

    いい刺激をありがとう

    また、行ってみたらどんなだったか教えてね

    • azuki より:

      にこさん

      コメントありがとうございます(^^)
      appleが上手に言えるのね!スゴイね。

      うちはまだ言葉しゃべらないから、日本語もそうだけど、初めて娘の口から英単語が出てきた日には、感動だろうなぁ♪

      プリスクールはなかなか割り高だけど、私が行ったところはそれなりにカリキュラムも良さそうだったから、通わせる価値はありそうだと感じた。

      親も試行錯誤だよね。
      にこさんところも、近くに良さげな施設あるといいね〜!
      英語でリトミックとか、探せばイロイロありそうよね。