産後初・乳がん検診(乳腺エコー)を受けてきた結果

皆さん、お久しぶりです!
少し間があいての更新となってしまいました。

2月の後半から、何かとバタバタしておりまして・・・(^^;)
九州から母が遊びにやって来たり、初節句のお祝いをしたり。

その合間に、実は私の乳がん検診や、大腸カメラ検査をやったりもしました。
気になる結果ですが・・・。

とりあえず、今のところ大事には至っていないのですがね。。
でも、色々ありました・・・(+_+)

今回はせっかくの機会なので、私が受けた検診のことやその結果などについて、書きまとめておきたいと思います。

長くなりそうなので、まずは乳がん検診のことから。
子育てと直接関係ないですが、興味のある方は是非ご一読下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

乳がん検診について

私は独身時代(20代後半)から、乳がん検診と子宮頸がん検診は、定期的に受けてきました

特に、子宮頸がん検診を受けた際に、チョコレート嚢腫が見つかったりしているので、『検査は定期的に受けた方が良い』と、身を持って実感している方だと思います。

乳がん検診は、1年に1度のペースで毎年受けていましたが、この度は妊娠・出産という一大イベントを迎えた経緯もあり、前回の検査からは1年半ほど時間が経過してました。

妊娠中や授乳中でも乳がん検診はできる

私の場合は母乳のトラブルも多かったので、「乳がん検診はできるだけ早めに行かなきゃ!!」という気持ちでいたのですが・・・。

実際問題、子育て中はなかなか大変ですよね。

妊娠・授乳中は乳腺が発達しているため、鮮明に撮影できないことがあるなど、確実な検査は難しいとも言われています。

それでもやっぱり、可愛い子供がいるからこそ!
ママさんたちは何とか時間を作って、検診に行くべきだと思います。

放射線を使うマンモグラフィー検査においては、妊娠中は避けなければいけませんが、エコー検査なら妊娠中・授乳中でも受けることが可能です。

乳腺エコー検査は、ジェルを塗ってエコーを当てるだけの検査なので、全く痛くないですし、母乳が出ている方でも安心して受けられると思います。

乳がん検査の結果

これまで乳がん検診を何度か受けてきましたが、いずれも「異常は見受けられない」という、良好な検査結果でした。

ただ、今回は少し今までとは異なりました。

【乳腺エコー検査結果】

・両側のう胞
・右 軽度乳腺症

この結果を聞いた時、一瞬アタマの中が真っ白になりました。
これまでの「異常なし」とは異なる見解の検査結果に、パニック状態でした。

先生からは、下記のような説明がありました。

・いずれも珍しくはない症状で、現状は特に心配する必要はない

・ただし、変化が起こっていることは事実なので、気を付けておくこと

・月1度のセルフチェックと、年に1度の乳がん検診を行うこと

今回は最悪のケースではなかったので、先生のこの言葉を聞いて、ひとまずホッとしました。
ただ、万が一のことを考えると本当にゾッとします。

やっぱり検査は定期的に受けるべきだと、改めて思い知らされました。

のう胞と乳腺症について

今回の自分の検査結果を見て、『乳腺症』という言葉は聞いたことがあったけれど、どんなものかよく分からない・・・。

ましてや、『のう胞』という言葉も、初めて知りました。
私の胸の中で、どんなことが起こっているのか知りたかったで、自分なりに調べたことをまとめておきます。

のう胞

乳腺のう胞は、女性ホルモンの働きにより乳腺が浮腫む事で発生する液体の袋。
マンモグラフィーでは発見が難しく、乳腺エコーと相性が良い。

女性ホルモンが多くなる生理前や排卵の時は大きくなり、生理後には小さくなるような特徴がある。

よって、ホルモンの影響などで消失する場合もある。

基本的に良性のものであるが、のう胞内にしこりがあるケースなどは、ガンの可能性もあるので注意が必要。

乳腺症

30代~50代によく見られる良性疾患で、女性ホルモンのバランスが崩れたことによって乳腺に起こる、さまざまな病変の総称を指す。

『乳腺のう胞』も、乳腺症の一部。

他によく見られるものとしては、乳管の細胞が増えたことで乳頭から異常分泌が起こる『乳管乳頭腫』や、細胞が汗腺とよく似た変化を起こす『アポクリン化生』などがある。

今後の検査について

「月1のセルフチェックと年に1度の検査がマスト」と、今回検査を受けた先生からはアドバイスをもらいましたが、実は私が検査を受けている病院は、『乳腺科』のある病院ではありません。

なので1年待たず今から半年後に、乳腺科のある専門の病院で再度検査を受けようと考えています。

今まで検査してきた病院に不満があるワケではないのですが、乳腺科のある病院の方がより専門知識を持っていると思うし、扱う件数も多いと思うので、安心のためにも専門のところでもう一度検査した方がいいのではないかと感じています。

これまで乳腺エコーをしてもらっていた病院には過去のデータがあり、万が一新しい病変などが現れたとしたら判断が付けやすいと思うので、そちらでも変わらず年に1度は検査をする予定です。

胸に乳腺のう胞という変化が現れた今、私が考えていることは・・・。
「年に1度ではちょっと心配だから、半年に1度(年に2回)検査をしておこう!」ということです。

私は娘のためにも、いつまでも健康で元気なママでいたいです。
万が一何かあったとしても、早い段階で最小限に食い止めたい。

その為にも、定期的な検査は重要ですね。
「最近検査に行っていないなぁ」という方は、是非これを良い機会に、検査に行って下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク